PS4で外付けSSDを利用したらロード時間が爆速になった。モンハンワールド(MHW)のロード時間が長いと思ってる方におすすめ

モンスターハンターアイスボーンが発売され、狩猟生活を送っている毎日ですが

前作から思っている不満があった。

それはクエスト出撃のロード時間が長いこと。

 

前々から友人にPS4をSSDに変えたら爆速になったよと言われていましたが、価格が高い事と

手順が少し面倒だったので見送っていましたが、PS4のシステムファームウェアがバージョン4.5になり外付けSSDを簡単に接続出来るようになり

価格も安くなってきたので買っちゃいました!

結果として、ロード時間が爆速になりました。

 

今回はPS4をSSD化する手順とおすすめのSSDを紹介する記事です。

実際の手順を画像を交えながら分かりやすく説明していきます!

序盤はSSDの詳細について書いていますので、やり方だけ早く知りたいって方は下のほうまで飛ばしてください。

PS4のロード時間が長いと思っている方、モンハンワールドをプレイ中の方はぜひSSD化を検討してみて下さい。

ござ

ロード時間が長いと感じている人は今すぐにSSDにすべき!

まず初めにPS4のSSD化にあたって大事な事を説明していきます。

なぜPS4をSSD化すると早くなるのか?

PS4本体に内蔵されているHDDをSSDに変える事によって起動速度やゲームのロード時間が早くなりますが、そもそもSSDって何?って方向けに書いています。

HDDとSSDの違い

HDDはHard Disk Driveの略でデータやプログラムを電磁的に書き込んだり読み込んだりする記憶装置です。

HDDの中にはデータを記録するプラッタと呼ばれる磁性体が塗られた円盤が複数入っていて磁気ヘッドで書き込みしたり読み出しする仕組みとなっています。

利点としては容量単価が安いなどがあげられますが、デメリットとして円盤を回転させてデータを読み込んだり書き込んだりするので処理速度が遅いなどがあります。

SSDはSolid State Driveの略でUSBメモリーなどと同じでメモリーチップを内蔵した記憶媒体になります。

HDDと違って機械的に動作する部分がないので清音・読み込みが早いなどの特徴があります。

デメリットとして容量単価が高いのがあげられていましたが、最近では色々なメーカーから販売されている為か価格も安くなっています。

ござ

PS4用のSSDも一年前と比べて半額以下に!

PS4SSD化にあたってPS4proとの違い

まずSSDには外付けSSDとPS4に内蔵しているHDDをSSDに交換する内蔵型SSDの2種類のタイプがあります。

 

まず注意してもらいたいのがPS4とPS4proの規格の違い。

PS4は内蔵HDDの接続に【SATA2】という規格を採用しています。

 

それに対しPS4proは【SATA3】と呼ばれる規格を採用しています。

 

この2つの違いは最大転送速度。

【SATA2】の最大転送速度は3Gbpsに対し、【SATA3】は倍の6Gbpsの速度を実現しています。

それに対しUSBで接続する場合は最大転送速度が5Gbpsになります。

これはPS4もPS4proも同じです。

 

なので、PS4に内蔵SSDを入れても最大転送速度が3Gbpsなので、USB接続をしたほうが早くなります。

逆にPS4proは内蔵SSDが最大転送速度6gbpsを採用しているので、USB接続よりも内蔵型のほうが早くなります。

 

PS4は外付けSSD、PS4proは内蔵型SSDがおすすめになります。

ここから先はPS4に外付けSSDをつけたい人向けの記事になります。

PS4におすすめの外付けSSDは?今回購入したのはこちら!

 

BUFFALOより発売の外付けSSD。
国内メーカーなので保障もしっかりしていますし、PS4での動作確認済みということでこちらを選びました。

購入にあたって注意してもらいたいのが必ず容量が250GB以上の物を選んで下さい。

同タイプで240GBのタイプが販売されていますが、PS4の規格が250GB以上ないと利用出来ません。

2019年9月現在Amazonで最安値でした。

思い立ったら即行動って事でプライム会員なのででポチったら次の日には商品が届きました。

中身は至ってシンプルで梱包された本体とUSBケーブル、説明書になります。

本体はしっかり梱包されていました。

大きさ自体もそんなに大きくなく6インチのスマホと同じぐらいの大きさでした。

本体のケーブルを接続する箇所は窪みになっており、衝撃をしっかりガードする構造になっています。

前のタイプはUSB部分の故障が多かったみたいなので、これは嬉しいですね。

PS4をSSD化する為の全手順(想像以上に楽でした)

まずはPS4にUSBで本体と接続します。

 

PS4を起動し「設定」を開きます。

その中にある「周辺機器」を選択

次に「USBストレージ機器」を選択。

そうすると接続したSSDが表示されます。

ストレージ機器「SSD-PGU3NL」を選択

そうすると「拡張ストレージとしてフォーマットする」と表示されるので選択します。

初回で接続する場合は必ず表示されます。

次へ、次へと進めていき、フォーマットすると、この機器のデータはすべて削除されます。と物騒な事が書かれていますが

データは何も入っていないので「フォーマット」を選択します。

フォーマットが終了したら「OK」を押して最初の画面に戻ります。

次に再度「設定」を開いて「ストレージ」を選択します。

「ストレージ」を選択すると本体ストレージと先ほど接続したSSDのストレージが表示されているので

今回は本体ストレージを選択します。

「ストレージ」の中から「アプリケーション」を選択します。

「ストレージ」の中にインストールされているゲームが表示されます。

この画面でoptionボタンを押すと、「拡張ストレージへ移動する」が表示されます。

ここで移動したいソフトを選んで、選択します。

移動するソフトが決ったら右下にある「移動」を選択。

今回はモンスターハンターワールドしかプレイしていないので、このソフトだけSSDに移します。

あとはこれで移動が始まるので、SSDへの移動が完了になります。

モンスターワールド単体だと10分程度で移動出来ました。

 

後は今まで通りPS4の画面からモンスターハンターを起動すれば、SSDから起動されている事になります。

 

モンスターハンターワールドはどれだけ変わるのか?結果:クエスト出発までのロード時間が爆速になった!

今回のSSD化の最終目標であるロード時間の短縮。

でわ、モンスターハンターワールドではどれだけ変わるのか。

 

起動までの時間

  • SSD無し:50秒
  • SSDあり:41秒

起動までの時間に関してはあまり差がないように感じますが

恩恵を感じたのが、クエスト出発までのロード時間。

 

クエスト出発までのロード時間

  • SSD無し:68秒
  • SSDあり:28秒

2倍以上の差となりました。

他にもエンドコンテンツである導きの地の出発が一番差がでると感じました。

導きの地のロード時間

  • SSD無し:75秒
  • SSDあり:16秒

導きの地は目的のモンスターを出すために何度も周回を余儀なくされるのでこの差を感じた時は勝ってよかったと思いました。

ござ

出発以外にも全体的に早くなるので実際はもっと早くなっているように感じます

検証動画に関してはこちらの「茶々茶」さんが分かりやすく説明しています。

モンハンワールドに関してはマップのロードに時間がかかる為SSD化の恩恵がかなり受けられると思います。

全体的にロードが早くなるので、快適度が全然違います。

ただ、モンハンマルチとかだと自分が早くても他の人のロード時間に合わせる仕様の為

全然ロード時間変わらないじゃん!と勘違いしないようにお願いします。

最後に まとめ

PS4のシステムソフトウェアがバージョン4.5になったことにより

外部ストレージを簡単に繋げられるようになり、PS4のSSD化が身近な物になりました。

 

今まで、SSD化って面倒なんじゃないの?って思ってた人も声を大にして言わせてほしい。

ござ

SSDかめっちゃ楽!!!!

 

モンハンワールドでは素材集めで周回を余儀なくされるので、ロード時間が短縮される事はマジで嬉しい。

ぜひ、モンハンワールドのロードが長いと感じている人はSSD化を検討してほしい。

 

以上、PS4で外付けSSDを利用したらロード時間が爆速になった。モンハンワールドのロード時間が長いと思ってる方におすすめでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です