おすすめのヤンキー漫画「東京卍リベンジャーズ」の感想。タイムリープ×ヤンキーの新しい組み合わせ【ネタバレあり】

ヤンキー漫画と言えば熱い男達のバトルや友情などをテーマにした作品が多くありますが、本日ご紹介する「東京卍リベンジャーズ」はそんなヤンキー漫画のイメージを覆す素晴らしい作品です。

ござ

予想できない展開に一気に引き込まれます!

まさかの映画化も決定したみたいで今後が更に楽しみな作品です。

 

タイムリープする設定が大変面白い漫画「東京卍リベンジャーズ」のあらすじ

主人公花垣タケミチは今年で26歳

目的もなく毎日を過ごす日々。

家でいつものようにテレビを見ていると当時学生時代に唯一付き合った事のあった、「橘ヒナタ」が東京卍會の抗争に巻き込まれて死亡した事を知ります。

そんな中花垣タケミチは電車を待っている途中で後ろから何者かに突き飛ばされ列車に引かれそうになってしまいます。

そんな時ふと思い出したのが「橘ヒナタ」との思い出

走馬燈のように中学全盛期の事を思い出すのですが

目をあけると中学時代に戻ってる!ってストーリーです。

 

過去と未来をループして「橘ヒナタ」を救うストーリーなんですが

ほんと面白い!

1巻読んだだけでここまで満足出来た作品は久しぶりでした。

なぜ橘ヒナタは死亡したのか、東京卍會とは一体何なのか?

ミステリー要素もあったりと先が気になる展開で続きがどんどん気になります。

 

主人公である花垣タケミチが最初はほんとダメな主人公なんですよ。

喧嘩は弱いしですぐにボコボコにされるので

ただ主人公花垣タケミチは二度と同じ未来を繰り返さない為必死に抗うのですが

この時のタケミチがほんとにカッコいい!

引用:東京卍リベンジャーズより

 

 

巻を増すごとに男らしくなっていく花垣タケミチがほんとカッコいいんですよ。

王道漫画によくある主人公が巻を重ねる毎に強くなる設定と似ていますね。

 

魅力的な登場キャラクター

東京卍リベンジャーズには花垣タケミチを始めカッコいいキャラや可愛いキャラがたくさん登場します。

まずは東京卍會副総長龍宮寺 堅こと通称ドラケン

 

 

 

引用:東京卍リベンジャーズより

 

最初は感情もあまり表に出さないし、嫌なやつだなーって思ってたんですが

実は人一倍仲間想いのいいやつなんですよね。

 

引用:東京卍リベンジャーズより

 

なにかと仲間の事を気にかけたりと皆から頼られるドラケン

今後のストーリーに大きく関係するキャラですので注目キャラですね。

紅一点のヒロイン「橘ヒナタ」

 

ヒロインのヒタナがまた可愛いんですよ。

過去に戻った時ヒナタと再び出会うんですが、芯がしっかりしていて

間違った事であればヤンキーとかに対してもはっきり言える程気の強い女の子なんですよね。

 

タケミチがヤンキー達に連れてかれていかれそうになるんですが

引用:東京卍リベンジャーズより

 

タケミチが連れてかれないように必死にとめるヒナタ!

いきなりヒタナがビンタしたのでタケミチもかなり驚いていますが

 

実はタケミチを守る為にかなり無理をしていたんですよね。

未来では悲しい過去が待っているヒナタですが

天真爛漫の明るさを持つヒナタだからこそ共感して生きてほしいと思える作品です。

「東京卍リベンジャーズ」感想

2020年3月現在16巻まで発売されていますが

毎巻楽しみで発売日に購入しているハマりっぷりです。

ヤンキー×タイムリープと今までありそうでなかった組み合わせに加え

新宿ホストで有名の和久井健が絵を担当。

次々と明かされるストーリーに目が離せない感じです。

過去で登場したキャラが未来編で大人になった姿で登場するので

別の視点でみたり出来るのがよく考えられているなぁと思います。

 

またミステリー要素も数多くあり次第に黒幕の存在が明かされていくのですが

過去で行っていた行動全てに意味があります。

それが全て繋がった時に感じがたまらないですね。

 

ヤンキー漫画と言えば男性読者がメインのイメージがありますが

東京卍リベンジャーズに関しては女性読者の方でも十分楽しめるのではないでしょうか。

 

魅力的なキャラも多いですし、クローズやワーストのような王道ヤンキー漫画と違い

喧嘩メインではないところも女性が楽しめるポイントです。

 

AmazonKindleだと1巻が今無料で読めるので気になる方はチェックしてみて下さい。

https://wp.me/paRziu-ht

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です