ダンまち2期が予想以上に面白かったので、2期のネタバレ、感想やストーリー、考察など。

「ダンまち」という作品をご存知だろうか?

GA文庫大賞を受賞したラノベ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を略して

ダンまちと言います。

 

複数のスピンオフ作品や映画化、パチスロ化までされている人気作品です。

2019年現在、アニメ版の2期が放送中思ったより面白くついハマってしまったので

2期の感想、ストーリー(ネタバレを含む)、考察などをまとめました。

 

ダンまち2期のストーリー(ネタバレあり)

ダンまち2期では原作小説6巻~7巻あたりの話がメインになります。

おそらく春姫編をメインにストーリーが進むかと思います。

春姫編では、イシュタルと呼ばれる神が管理するオラリオの歓楽街がメインになります。

 

このイシュタルとの抗争を描いた春姫編がおそらく2期のメインシナリオになるんじゃないかと思います。

 

ストーリー説明(ネタバレ)

少し成人向けな春姫編。

命は幼馴染である春姫が娼婦として歓楽街で働いているという噂を聞きつけ、夜な夜な調査に来ていました。

それをつけるベル達でしたが、とある事情からはぐれてしまい、偶然春姫と出会います。

 

春姫に惹かれるベルでしたが、自身の境遇を受け入れている春姫に対して何も言えずにその場を離れるのでした。

 

その後、ホームに戻り命から春姫の事を聞いたベルは春姫を救出する事を決意します。

美の女神であるイシュタルは同じ美の女神であるフレイヤ打倒を狙っていました。

 

その為に色々と準備をしてきましたが、その鍵が春姫だったのです。

春姫が使う特殊な魔法「ウチデノコヅチ」は一時的に他者のランクを1つアップさせる魔法。

これがかなり強力でダンまちの世界においてレベル3とレベル4では全然変わってくる程差があります。(ドラクエとかと違ってマックスレベルが7)

更にそれを殺生石と呼ばれるアイテムを使う事で誰でも使えるようになります。

ただ、それには条件があり、春姫の精神を犠牲にするもの。

 

それを知ったベル、命はイシュタルファミリアとの抗争を決意します。

イシュタルファミリアとの激しい抗争の末、春姫を救出する事に成功するベル。

 

時を同じくして、ベルに手を出された事に激怒したフレイヤはイシュタルファミリアとの抗争を決意。

イシュタルファミリアVSフレイヤファミリアの抗争も始まるのでした。

Amazonプライム会員なら1期と2期両方視聴する事が出来ます。

 

https://wp.me/paRziu-iF

2期のここを知れば面白くなる考察。

 

唯一のレベル7冒険者であるオッタル参戦。

 

 

フレイヤファミリアの団長にして唯一のレベル7冒険者。

イシュタルファミリアVSフレイヤファミリアにて貴重な戦闘シーンを見る事が出来ます。

最後に

2期が公開されて久しぶりにダンまちを見ましたが、やはり面白い!

主人公が最初から最強設定ではなく、ひたすら努力して強さを手に入れるところがまたいい。

 

2期の春姫編では個性的なキャラが多く登場するのと、作中で人気のフレイヤやオッタルが登場するのも魅力的です。

 

気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です