【9/1更新】泣きたい時に読んでほしい、泣ける・感動系おすすめ漫画!青春系作品から熱い男泣き等様々な漫画を厳選して紹介

日々に疲れてしまった大人の方へ、時に感動して泣きたい時もあると思います。

今回ござが厳選した泣ける・感動系漫画。

読み終わったときには、喪失感で包まれるような感覚になります。

でわ、早速いきまっしょう。

*随時更新予定です。

1.4月は君の嘘

あらすじ

桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

初めに言っておきますけどめっちゃ泣ける作品!!!

天才ピアニスト公正とかをりの出会いを描いたストーリーなんですが、作中に登場する演奏シーンがまた心を揺さぶってくる。

アニメ・劇場版と公開されており、映像作品には実際の音楽が入るので更に臨場感が伝わってきます。

最後で分かるタイトルの意味がすさまじく、間違いなく涙腺を崩壊させる作品と言えます。

ござ
ござ

全体的に完成度の高い名作と言えるでしょう。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道の6人は、小学校時代に互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた仁太達は再び集まり始め、それぞれ抱えていた思いをぶつけあいながら絆を少しずつ修復していく。

映画・ドラマ・アニメ・パチンコなど多数のメディアで起用されている人気作品。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。略してあの花。

名前ぐらいは聞いた事があるんじゃないでしょうか?

死んだはずの芽衣子が目の前に現れ、お願いを叶えてほしいと頼まれます。

仲間達との青春や最後で明らかになる芽衣子のお願い。

全てが分かった時涙を流さずにはいられないんじゃないでしょうか。

漫画版は全3巻と上手く纏められていますので、サクっと読むことが出来ます。

ござ
ござ

それぞれのキャラ達の葛藤が上手くまとまった青春作品。

3.聲の形

主人公、石田将也は幼い頃イジメっ子であり耳が聞こえない西宮硝子を虐めていました。
硝子が後に転校してしまうのですが、度が過ぎた虐めによって周囲から見放されいじめられっ子へと転じてしまいます。
そうしてお互いが別の過程で成長し、高校生になって硝子と再会する事で過去の罪と向き合うってのが主なストーリーです。
キャラ毎の心情がよく描かれており、社会問題にもなっている虐めをテーマによく纏められている作品です。
最後まで読み終わった時きっと人に対して優しくなれるんじゃないでしょうか。
号泣するような作品ではなく、ウルっときて心が温かくなるそんな作品です。

心が叫びたがってるんだ。

活発な少女だったものの、ある事を話したことで家族がバラバラになった上に、玉子の妖精にしゃべることを封印された成瀬順。そのトラウマが心に突き刺さり、隠れるようにして生きていく。ある日、通っている高校の地域ふれあい交流会の実行委員会のメンバーになり、さらにそこで上演されるミュージカルの主役を務めることに。困惑する順だったが、メンバーの坂上拓実、田崎大樹、仁藤菜月と行動を共にするうち、自分の中の変化に気付きだす。

原作は上にあるあの花と同じ超平和バスターズが担当しています。

時に心ない言葉で人を傷つけたり、人生一度はそんな経験あるんじゃないでしょうか。

主人公である成瀬順もまた幼い頃ある事を両親に話してしまったが為に、王子の妖精にしゃべる事を封印されてしまいます。

 

最後で明らかになる封印の意味や、たった一言思いがけない事で取り返しがつかなくなる事の大切さを教えてくれます。

金色のガッシュベル

天才ゆえに孤独な中学生・高嶺清麿。彼のもとに突然、不思議な子供が飛び込んできた。名前はガッシュ、魔界から送られてきたという。ガッシュは世界中に送り込まれた百人の魔物の子の一人。パートナーと共に戦い合って、最後に残った一人が魔界の王様になれるというのだ。王位を目指すガッシュは、清麿が手にした魔本の言葉を受け、襲いかかるライバルたちと激しいバトルを繰り広げてゆく。喜び、哀しみ、そしてかけがえのない絆…闘いの中で、やさしい王様になることを決意するガッシュ。心を閉ざしていた清麿も、ガッシュのピュアな気持ちに触れ、様々な経験を積みながら精神的成長を遂げてゆく。

もうなんて言うかガッシュベルには全部がつまってる。

仲間との熱い友情や、バトル、笑いや感動など色んな部分で泣ける要素もてんこ盛りです。

特におすすめしたいのが、千年前の魔物編。

ぜひここまでは読み進めてほしいです。

完全版6巻から8巻までの間に収録されています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

自分なりに厳選させてもらった作品なので、外れはないと思っています。

特に4月は君の嘘をまだ見た事がない人はぜひ見るのをおすすめします。

 

冗談抜きで泣ける作品ですので、ティッシュを忘れずに見て下さい。

以上、泣きたい時に読んでほしい、泣ける・感動系おすすめ漫画!青春系作品から熱い男泣き等様々な漫画を厳選して紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です